記念事業概要 スケジュール ニュースレター 神戸プロジェクト 実行委員会 新聞切り抜き 寄付のお願い
賀川豊彦とは 賀川の仲間たち 賀川の時代史 賀川の著作 関連ブログ 問い合わせ
懸賞論文
 この2書簡は「歯ブラシ工場」設立時のもの?
お宝発見

賀川先生の献身の証し
貧民窟主題の小説書きたい
一粒の麦は生きている


  「Think Kagawa!」
  「賀川豊彦って誰?」
  「賀川資料館の雑芸員日誌」

 賀川豊彦は1917(大正6)年5月に留学先から、一月遅れてハルは6月に横浜での学びから新川に戻る。留守中、武内らの経験した「独立イエス団」と呼ぶ、生涯一番愉快な時であったと武内が振り返るあの「共産生活」の実験に続いて、誰かに雇われて働くのではない「協同労働」の実験とでも呼べる新たな小さな試みの準備を、武内と賀川の発案で開始する。
 数ヶ月の準備のあと、武内と本多健太郎がまず大阪に出向いて「歯ブラシ工場」の仕事を見つけ、神戸でその仕事を始める目安をつけて本格的に武内・本多のほか2名を加え、大阪での「見習研修」を重ねた。そして近くの「日暮通6丁目」に「歯ブラシ工場」が開設されたのは、同年11月の事である。

 ここで取り上げるふたつの書簡――ひとつは「トヨヒコ」から、ひとつは「春子」代筆――は、繰り返し読んで見るのであるが、いずれもその「歯ブラシ工場」の時の書簡のように思えるものだから、ペンディングのまま取り上げるのを避けてきた。
 しかしながら、実はふたつの書簡とも「東京市本所区松倉町2丁目 本所基督教産業青年会 賀川豊彦」と印刷された封筒に入っていて、宛先も「神戸市加納町下ル東遊園地 神戸労働紹介所 武内勝 侍史」となっている。そして一つの封筒の消印は「13.8.29」(以下「封書A」と呼ぶ)であり、一つは年代は不明であるが「?.6.10」(以下「封書B」と呼ぶ)とある。もしこの封書にふたつの書簡が入っていたものであれば、神戸時代の「歯ブラシ工場」の時のものではない。
 ただ、ふたつの封筒共に複数の書簡がいれられているのである。以下、そのことにも触れて、文面を取り出してみる。



 「封書A」には、この「お宝発見」第19回に紹介したことのある<「馬の天国」と西川のおじさんの死>の1枚の豊彦の書簡とひとつ「履歴書」が1通も収められている。
 ともあれ、本文は以下のとおり。

  武内兄
先達より祈って居た 工場の与へられたことは既におききのことと存じます。それで、工場を見に一寸一日帰って来て下さい。出来るだけ早く帰っていらっしゃい。
そのついでに「株券」を記入する紙を大阪の「紙」屋で尋ねて帰って来て下さい。
また、大阪の人々も愈々工場が出来ると、帰って頂く様にと言ひ伝へて下さい。

ヴイルス氏は1万円の歯ブラシュを注文したそうです。愈々と云ふことになると、貿易商に渡さねばならぬが、どうぞ、大阪の市場のことをよく取り調べて下さい。                         
トヨヒコ



「封書B」には、以下の「春子」代筆分とは別に、「賀川原稿用紙」4枚に書かれた日付のない豊彦の武内宛書簡(次回70回目の「お宝発見」で紹介する予定)と、「イエスの友会」用箋3枚に「三月三十一日」付けとなっている豊彦の「代筆」(「春子」代筆ではない)書簡が入っている。

予定外であるが、ここでこの「三月三十一日」付けの「封書B」の書簡の紹介を済ませておきたい。コメントは省略。

武内勝様
奥様のご病気は如何で御座いますか。私は又パンヌスが来まして十日ばかりねて了いました。この調子では又長びくやうで困ってゐいす。少しも無理が出来ぬので大弱りです。又十日位ねなければならぬと思ひます。
神戸の経費が多く要り過ぎるので弱ってゐます。勿論只今では姉のためにも金がいるのですが、二月には七百二十二円いりました。姉にかかった百五十円を引いて五百七十円位かかってゐるやうですが、たとえば毎月水道料金十円いるようになってゐますが、あれをもっと有効に使う方法がありませんでせうか。吾妻通り五丁目の水道栓を閉鎖して、他に汲みに行くやうにしたらいかがでせうか。木村義吉氏に話して、私の近所に水道の括栓を一つ作って貰って下さい。尚、かうすれば能率が上ると云ふことをあなたから私に教へて下さい。
三月三十一日                 賀川豊彦(代)
 
二伸 吾妻通五丁目を河瀬さんが借りに来たさうですが、あそことは財団法人の住所になってゐますので、道路でもつかねば動くことは出来ませぬからご承知下さい。 



同封の和紙の1枚に記された9月18日付けの春子代筆分の文面は、以下のとおり。

 武内様
昨日は失礼致しました。只今工場設立に用ゐました資本金六百円が出来ました。それで、そのことを御知らせ致します。
序に申し上げますことは、どうぞ出来るだけ充分にその仕事に就いての熟練(2字二重丸)をなすって頂き度いので御座います。
そのために教授して下さる西洋人二人も出来ました。
機械も昨日御話の通り古いのが有りますればなるべく古いものを用ゐて頂き度う御座います。もし御座いませねば新しいのを御求め下さいませ。賀川は只今市長を訪問致しますため外室致しました故、私が代筆致しました。
九月十八日                      春子 
 


 以上、今回のふたつの書簡は、神戸時代の「歯ブラシ工場」に関連するものではないかと看做しての紹介である。上記のように同じ封書に複数のものが混在していることからの一応の判断に過ぎない。
 なお、武内らの「歯ブラシ工場」の準備とその工場運営、さらにその顛末の詳しい報告は、武内勝口述記録『賀川豊彦とそのボランティア』225頁〜236頁、261頁〜264頁までに記されている。この作品は、ただ今「賀川豊彦献身100年記念事業」のひとつとして装いも新たに刊行準備が進んでいる。今月(11月)末には新版『賀川豊彦とボランティア』の書名で、神戸新聞総合出版センターからお目見えする。 (2009年11月6日記す。鳥飼慶陽)



賀川豊彦献身100年記念事業実行委員会
東京プロジェクト 事務局  〒156-0057 東京都世田谷区上北沢3-8-19 賀川豊彦記念 松沢資料館内
神戸プロジェクト 事務局  〒651-0022 神戸市中央区元町通5-1-6 神戸共栄火災ビル7F