記念事業概要 スケジュール ニュースレター 神戸プロジェクト 実行委員会 新聞切り抜き 寄付のお願い
賀川豊彦とは 賀川の仲間たち 賀川の時代史 賀川の著作 関連ブログ 問い合わせ
懸賞論文
 米国の旅 HOPI INDIANS
お宝発見

賀川先生の献身の証し
貧民窟主題の小説書きたい
一粒の麦は生きている


  「Think Kagawa!」
  「賀川豊彦って誰?」
  「賀川資料館の雑芸員日誌」

 広く知られているように、1940(昭和15)年8月25日(日)松沢教会における説教「エレミヤ哀歌に学ぶ」を終えた後、賀川豊彦は渋谷憲兵隊に拘束され、9月には巣鴨拘置所に留置された。
 松岡洋介らの尽力で賀川は、9月13日釈放され、神戸から「ブジシャクホウサレマシタ ココロヨリ ゴコウイカンシャモウシアゲマス コンヤタツヨロシク カガワトヨヒコ」と打電している。
 10月、賀川の個人雑誌「雲の柱」は発行停止処分、直ちに廃刊となり、豊彦は香川県豊島に隠遁して著述活動に専念する、という事態を迎えた。
 しかし豊彦は翌年(昭和16年)4月5日、「キリスト教平和使節団」の一員として渡米、アトランテック、シカゴ、ニューヨークなどでの会議に出席、アメリカ各地を113日間、一日平均3回の日米親善講演会を開催して、8月17日に帰国するのである(詳細な経過は「人物書誌大系:賀川豊彦U」630頁〜637頁参照)。
 なお、この「キリスト教平和使節団」の働きについては、横山春一著「賀川豊彦伝」(警醒社版)の「平和の灯を消すな」(396頁〜404頁)の項でも、賀川自ら書き残したこの時の「アメリカ遍路記」を引用しながら、太平洋戦争開始直前の差し迫った状況が記されている。



 今回の絵葉書は、その「平和使節団」のときのものである。
 差出は消印から見て、1941年(昭和16年)5月7日、SANT LOUIS
 宛先は兵庫県西宮北口高木 武内勝様
 文面は
留守中、色々お世話に
なります。感謝します。
米国も主戦論者が多く
仲々困難です。何処
も同じです。
祈って下さい。ロサンゼルス
のイエスの友は実に親切で
感謝しました。
皆様に宜しく
       賀川豊彦




 カラーの絵葉書は、アメリカ大陸最古のインディアンとして知られる「HOPI INDIANS」。「HOPI」は「平和の民」の意でマヤ文明の末裔とされる。
 賀川がここを訪ねたかどうか、またアメリカ先住民族についてどう見ていたのかなどは、未確認である。
 豊彦はこの旅の途上で53歳の誕生日を迎え、次の詩を残した。



 五十三年の誕生日

ユタの砂漠に
五十三年の誕生日を迎えぬ
汽車の旅
今日もまた
彷徨の 野人に
恩寵のみ
數へられて 尊し
   一九四一、七、一〇 汽車中にて ユニオンパシフィック

     *      *      *      *

 この詩は、日独書院から昭和18年に刊行された賀川の詩集「天空と国土を縫合せて」に収められている(223頁〜224頁)。詩集の表紙の装丁と「雲柱」の墨絵は署名にもあるように「トヨヒコ」のものである。(2009年8月29日記す。鳥飼慶陽)



賀川豊彦献身100年記念事業実行委員会
東京プロジェクト 事務局  〒156-0057 東京都世田谷区上北沢3-8-19 賀川豊彦記念 松沢資料館内
神戸プロジェクト 事務局  〒651-0022 神戸市中央区元町通5-1-6 神戸共栄火災ビル7F