記念事業概要 スケジュール ニュースレター 神戸プロジェクト 実行委員会 新聞切り抜き 寄付のお願い
賀川豊彦とは 賀川の仲間たち 賀川の時代史 賀川の著作 関連ブログ 問い合わせ
懸賞論文
 New York Skyscrapers(1925)
お宝発見

賀川先生の献身の証し
貧民窟主題の小説書きたい
一粒の麦は生きている


  「Think Kagawa!」
  「賀川豊彦って誰?」
  「賀川資料館の雑芸員日誌」

 1924(大正13)年11月26日、賀川は横浜より春洋丸で出帆、米国留学後最初の渡米の船旅をはじめる。全アメリカ大学連盟の招待を受けたのである。 
 12月4日ハワイに立ち寄り、ホノルルで講演を行い、12月16日サンフランシスコ着。この渡米の目的は「排日移民法による日米和解の対話のため」の渡米といわれれているが、Union Theological Seminaryをはじめ各地で講演会や会議に出席し、ロスアンゼルスに「イエスの友会」も誕生したことは、すでに紹介した。
 この絵葉書は、消印を見ると1925年2月26日に投函されてもののようで、3月14日、英国に向かってニューヨークを出発するまえに、「神戸市東遊園地内 労働紹介所 武内勝様」充てに送られたものである。
 珍しい折りたたみの記念絵葉書で、宛名書き以外の賀川の文章はない。
16枚もの写真が入っている。
では、宛名のある表書き最初に、いくつかを紹介してみたい。




 賀川は、ニューヨークを後にしてイギリス、フランス、ベルギー、オランダ、デンマーク、スイス、イタリー、聖地を巡礼して、エジプト、紅海、セイロン、香港、上海を経て、7月22日長崎に着いている。
 この長旅の中で生まれた詩作品は第2誌集「永遠の乳房」に、紀行文は「雲水遍路」に纏められたことは、先に記したとおりである。(2009年7月11日記す。鳥飼慶陽)




賀川豊彦献身100年記念事業実行委員会
東京プロジェクト 事務局  〒156-0057 東京都世田谷区上北沢3-8-19 賀川豊彦記念 松沢資料館内
神戸プロジェクト 事務局  〒651-0022 神戸市中央区元町通5-1-6 神戸共栄火災ビル7F