記念事業概要 スケジュール ニュースレター 神戸プロジェクト 実行委員会 新聞切り抜き 寄付のお願い
賀川豊彦とは 賀川の仲間たち 賀川の時代史 賀川の著作 関連ブログ 問い合わせ
懸賞論文
 賀川豊彦・ハル夫妻の「台湾の旅」
お宝発見

賀川先生の献身の証し
貧民窟主題の小説書きたい
一粒の麦は生きている


  「Think Kagawa!」
  「賀川豊彦って誰?」
  「賀川資料館の雑芸員日誌」

 (付録「水平社創立」直前の朝日新聞記事)
 前回、1922年(大正11年)3月3日、京都岡崎公会堂で創立の「全国水平社」のことに言及した。そして「総裁は賀川豊彦氏の呼声が高い」とする朝日新聞京都付録の報道を紹介し、実際はその時賀川は、ハル夫人と共に台湾にあって、創立大会には参加していないことを記した。
 同年2月8日、門司港からの1ヶ月余りの「台湾の旅」は「視察と伝道の旅」であるが、この旅は期せずしてハル夫人を同伴しての旅となった。それは度重なる暴漢による脅迫のため、ハル夫人を残せない事態が生じて、急遽同道することになったようであるが、結婚後9年目にしての「はじめての二人旅」は、賀川夫妻にとって、恐らく生涯忘れることのできないものであったに違いない。
 かてて加えて、それまで10年間、新しい命の誕生の喜びを経験することのなかった二人の間に、ナントこの「台湾の旅」のなかで、「天与のいのち」を授かる事になったのであった。ご長男「純基」の「いのちの誕生」である。
 ところで「玉手箱」の中に120通余りの武内勝宛書簡の中に、「台湾の旅」からの2枚の絵葉書が残されていたのである!

 1枚目の絵葉書は、はじめ「二月二十七日」という差出の日付だけあって、消印からも差出の年も確定できなかった。絵葉書に「阿里山登山記念」とスタンプが押されていても、台湾のことも全く無知の身、日本にこんな山が何処にあるのかな?などと思いめぐらすだけ。
ただ、短い文面の最後に「豊彦」と「ハル」の、お二人の名前が並んでいて、これは大変珍しいものだな、と思ったものの、初見ではこれを見過ごしていた。

あて先は、「神戸市灘道下ル 神戸市立労働職業紹介所 武田勝様」
本文は、


阿里山より    
お便り申し上げ 
ます        
皆さまによろしく!
  豊彦
 ハル 
八千尺の高地より通
信いたしました
   
絵葉書の写真は「阿里山扁柏林」の説明があり「阿里山登山記念」のスタンプがある。
「阿里山」は台湾の有名な観光地。森林鉄道に乗って遊楽区があるとか。
       *    *    *    *
そして2枚目の絵葉書のあて先は
「神戸市吾妻通五丁目 イエス団 武内勝兄」
 差出場所は「台湾高雄港」 差出人はハル夫人と連名ではなく「賀川豊彦」
 本文は


 色々留守中は御世
 話になります。高雄では
 子供たちが海水浴をいたして
 居ります。凡て植民地
 の整理が著しく発達し
 て行くやうであります
 私はただ十字架のイエス
 だけを凡ての人に紹介いた
 して居ります。何分よろ
 しくお願いいたします。

     二月十七日 


 この「台湾の旅」は、賀川にとって「台湾初体験」である。これから丁度10年後、1932年に「台湾の旅」経験している。この時は、黒田四郎氏を伴って、3月5日に神戸港を出て、およそ一月間にわたり台湾各地で、54回もの集会を行なったことが知られている。その後、賀川の三度目の「台湾の旅」は何時だったのか? 
               (2009年6月12日記す。鳥飼慶陽)




賀川豊彦献身100年記念事業実行委員会
東京プロジェクト 事務局  〒156-0057 東京都世田谷区上北沢3-8-19 賀川豊彦記念 松沢資料館内
神戸プロジェクト 事務局  〒651-0022 神戸市中央区元町通5-1-6 神戸共栄火災ビル7F